効果的な筋トレのメニュー

Pocket

筋トレはただやみくもに行うのではなく、効果的に行うものです。ここでは、効果的な筋トレのメニューについてご説明します。

まず、筋肉が冷えている状態でストレッチをしてはいけません。初めに身体を温める為に、エアロバイクやランニングマシンなどで軽く準備運動をしてからストレッチを行います。次に、正しいフォームで行う事です。間違ったフォームで行った場合、時間や回数をどんなに重ねても、結果に大きな差が生じます。わからない場合はインストラクターに確認しましょう。また、効果的なやり方として、負荷を強めていく事です。だんだん重さを上げていく、回数を多くするなどして負荷を強めます。筋肉は、漸進性過負荷の原則といって負荷をかけて限界値を伸ばしていかないと、発達しません。また、順番として、体力の負担がより大きな筋肉の部位から始める事です。筋トレは筋肉を限界まで追い込まなければ発達しない為、負担が大きい部位を後に回してしまうと体力が持たず追い込めません。体力の負担が大きい部位の順番や筋トレメニューは、太ももを鍛えるスクワット、胸や背中を鍛えるベンチプレスやベントオーバーロー、肩を鍛えるバックプレス、腕を鍛えるプレスダウンやバーベルカール、腹筋を鍛えるクランチ、ふくらはぎや前腕を鍛えるカーフレイズやリストカールの順番でやるのが効果的と言えます。

体幹もしっかり鍛え、自分の目指す体に近づけられるよう効果的にトレーニングを行いましょう。